どのように作るの?

リサイクルトナーはどのようにして作られているのか、どういう仕組みになっているのでしょうか。
まずはトナーカートリッジの仕組みを理解しておきましょう。カートリッジ内には様々なパーツがあり、この精度がいい方が印刷の品質も高くなります。
カートリッジ内のパーツの状態を把握し、メンテナンスなどをしっかり行う事で、トナーの状態、印刷の状態をよくすることもできるのです。

リサイクルトナーを利用する際、多くの業者さんがメンテナンスや故障の対応をしてくれますが、トナーカートリッジ内のパーツの交換などをしつつ、リサイクルしたトナーを使うようにしないと、品質を保てないからです。

実際にどのような仕組みでリサイクルトナーが作られていくのかというと、まず、リペアです。1本ずつ丁寧にリサイクルトナーのリペアを行う事で、品質の高いトナーができます。
トナーは通常、固体識別ラベルと呼ばれる管理番号(バーコード処理)で管理されています。回数は、業者によって違いますが、リサイクルサービス回数ラベルという部分に書かれています。一般的に1から5などの数字で書かれています。

こうして作られたリサイクルトナーは、お客様の手元に届くまでに、しっかりとテストを繰り返し、利用されているのです。