リサイクルトナーはリーズナブル

企業でも学校などの公共機関でもプリンターは必須です。仕事でもプライベートでも多くの方が利用されています。
印刷枚数が多くなると必然的にトナーも消費が激しくなるので、トナー費用はばかになりません。純正の新品トナーを購入していると、結構な金額になるのでリサイクルトナーを利用されている企業なども多いのでしょう。

純性新品と比較するとリサイクルトナーは格段に安く、純正品の定価と比較すると1/10という商品もあるのですから、リサイクルトナーを利用する企業や団体などが多いのも理解できます。

リサイクルトナーは費用が安いというメリットがありますが、初期不良が2%から3%程度みられるという事も報告されていますし、もしもリサイクルトナーを利用していて、そのトナーが原因ではなくても、プリンターが故障した場合、メーカーとしては純正品を利用していなかった場合、保証対象にできませんという事もあるので、純正品しか利用しないという企業がある事も確かです。

もちろん、リサイクルトナーの業者も、手厚い保証を行っていて、純正品よりも質の高い保証を行っているという業者もあります。
たとえば製品保証を無期限とし、プリンター本体に故障があった場合には1年、また返金保証についてはすべてのリサイクルトナーに標準とするなど、保証内容を濃くすることでデメリットを補っているため、リサイクルトナー業者を利用する方が安心して利用できるという方もいます。

リサイクルトナーはその名の通り、トナーをリサイクル品として提供するものですが、そもそも、どのような仕組みでできているのでしょうか。
当サイトは圧倒的に安いリサイクルトナーの仕組みについて説明します。当サイトが皆様の情報サイトとなれば幸いです。