リサイクルトナーはリーズナブルに利用できるというメリットがあります。しかしなぜこんなにもリーズナブルに利用できるのか、業者によっても違いがありますが、一般的に直営工場を持っていて、工場産直でリサイクルトナーを作成、お客様のところに届けているのです。こうしたリサイクルトナーの業者の中には、最短納期工場入荷後1日、という速さです。

工場産直で流通コストなどを極力削減しているので、リサイクルトナーは純正品よりもずっと安く利用できるようになっています。質の悪いものを安く売っていると考えている人がいますが、そうではなく、質の高い商品を出来る限り制作コスト、人件費、流通コストを削減する事で安く提供できるように努力しているのです。

品質が悪くなれば、リサイクルトナーの業界も競争が激しいので、別業者に顧客をとられてしまいます。そのため、企業努力を惜しまず管理やメンテナンス、保障などのサービスにも力を入れて企業としての力を向上させているのです。

保証なども業者によって内容が違うので一概にいえませんが、リサイクルトナーは純正品と比較しても「利用する価値のある商品」というイメージをしっかり持ってもらうため、質の高いサービス、スピード、リーズナブルさを売りにしているのです。

リサイクルトナーで環境にもお財布にもやさしく

エコリサイクルトナーとは、使用済みのトナーカートリッジを回収して再生してもらい、純正品のトナーと同様に使うシステムです。以前から勤務先の会社では使用していましたが、今年に入ってから私は個人的にも利用するようになりました。それには大きく分けて二つの理由があります。

まずは、環境的な配慮です。従来のトナーはインクを使い切ってしまうとゴミになってしまいましたが、リサイクルトナーはそうしたゴミの排出を削減してくれます。環境問題が社会的に大きな関心になるにつれ、私個人でも何か出来ることはないか考えたときに出会ったのがこのリサイクルされたトナーなのです。

また、カートリッジを何度も利用できるため、リサイクルトナーは新品のものより低コストに抑えられています。不況が続く現在ですから、それだけでも大きな魅力になっていることは間違いないように思います。このように環境にもお財布にも優しいリサイクルトナーを私は愛用しています。

環境に優しいエコなリサイクルトナー

最近、電気屋さんのパソコン周辺売り場へ行くと、「リサイクルトナー」の文字が大きく掲げられています。リサイクルトナーとはなんでしょうか。これは、プリンターのインク、つまりトナーカートリッジのことです。文字通り、使用済みのトナーを、分解、洗浄、修理、部分交換し、純正品と同量の新しいトナーを充填してリサイクルしています。さらにこのトナー自身も、消耗部分のみを交換すれば良いので、約3-5回はリサイクルできるのです。使用済みのトナーカートリッジは、産業廃棄物の対象であるため処分しにくいものです。

しかし、これをリサイクルすることで無駄をなくし、地球環境保護と資源の有効活用に大きく貢献していると言えっます。非常に環境に良い、エコなトナーカートリッジなのです。エコなのは環境に対してだけではありません。リサイクルトナーは、定価のトナーの約50-90%も安く購入できます。そのため、利用頻度の高い企業ほど、より大きな経費削減効果が期待できます。広い普及に伴い、品質は年々向上し、現在では純正品とほぼ同じあるいはそれ以上の品質を保っています。環境に優しく、品質も良く、さらには経費削減にも繋がるリサイクルトナーが、いま注目されているのです。