大手メーカーのリサイクル

管理人
Posted in 未分類

コピー機大手メーカーのトナーカートリッジリサイクルシステムも注目されています。各メーカーは、ゴミをださない、少なくするという事を企業として責任をもって考えていますが、プリンターに関わるメーカーも、リサイクルシステムを導入し、使用済みトナーカートリッジをリサイクルするという取り組みを行っています。

リサイクルトナーの業者さんのように、純正品ではないトナーを制作するという事はありませんが、使用済みトナーカートリッジをそのまま廃棄することなく、再使用するという方法でエコに貢献しています

まず使用済みのトナーカートリッジを粉砕機に投入し細かく粉砕、材料を分別し、鉄、アルミ、またリサイクルできる他用途の材料として利用する分に分別します。分別したものの中から、ポリエチレンなどリサイクルできる材料を取出し、ペレットなどを作り、最終的にトナーカートリッジとして再使用します。

これまで行われてきた品質レベルの低い、「ほかの用途に再利用する」という事ではなく、いずれ廃棄処分するという前提ではなく、出来る限り品質が高くエコ的なリサイクルができるようにと、品質の高いリサイクルに乗り出しているのです。リサイクルトナーの業者と同様、エコという事を主軸に、利用出来るものは捨てずに利用するという考え方を大手メーカーも持っているのです。

【関連リンク】リサイクルトナー

リサイクルトナーをうまく活用

トナーの活用について紹介します。私の勤める会社はプリンタのインクはリサイクルトナーを使用しています。その経緯について簡単に説明します。私の部署はおそらく企業の中ではかなりプリンタを使うほうなのではないかと思います。そこで、フロアにある3台のプリンタはほとんど休む暇なく動いている状態です。当然、トナーの減りも早いわけで、経理担当から「リサイクルトナーを使いたいと思います」と最初に報告がありました。それで、リサイクルトナーを使っていましたが、どうもプリンタの不具合が多くなり、業者に調べてもらったところ、トナーがよくないといわれました。純正のものに比べるとどうしても不具合が多くなるということがわかったんです。

そこで、一度トナーを純正に戻しました。しばらく純正を使っているうちに、リサイクルトナーの品質が上がってきたことがわかり、再び戻しました。今度は以前よりもプリンタの不具合はぐっと減りました。全くないといえばうそになりますが、ほとんど修理をすることはありませんので、プリンタを頻繁に使う方にはおすすめです。

リサイクルトナーを使ってエコロジー

各家庭及び会社などから回収した使用済みトナーを分解、洗浄、修理、部分 交換し、純正品と同量の新しいトナーを充填し、再利用可能にしたものをリサイクルトナーといいます。再利用できる部分はそのままで消耗した部分だけを修理、交換、充填するため価格を下げることが可能です。そして何よりも再利用することでゴミを減らすことができます。使い終わったトナーをそのままゴミ箱へ投げ入れるとかなりかさ張るとは思いませんか?それが何十個何百個何千個とゴミ捨て場に捨てられている姿を想像してください。リサイクルトナーに置き換えるだけでそれだけの量のゴミが減ることとなります。

また、廃棄すれば新しく作ることになります。そのためにまた自然が破壊されていきます。捨てるのは簡単です。そして自然の破壊も大きく目に見えるものではありません。しかし、何千人何万人もの人が・・・と考えるとどうでしょう。ひとつのリサイクルトナーを使用する、たったそれだけでエコになるならば、使ってみない手はないのではないでしょうか。

リーズナブルに提供できる仕組み

管理人
Posted in 未分類

リサイクルトナーはリーズナブルに利用できるというメリットがあります。しかしなぜこんなにもリーズナブルに利用できるのか、業者によっても違いがありますが、一般的に直営工場を持っていて、工場産直でリサイクルトナーを作成、お客様のところに届けているのです。こうしたリサイクルトナーの業者の中には、最短納期工場入荷後1日、という速さです。

工場産直で流通コストなどを極力削減しているので、リサイクルトナーは純正品よりもずっと安く利用できるようになっています。質の悪いものを安く売っていると考えている人がいますが、そうではなく、質の高い商品を出来る限り制作コスト、人件費、流通コストを削減する事で安く提供できるように努力しているのです。

品質が悪くなれば、リサイクルトナーの業界も競争が激しいので、別業者に顧客をとられてしまいます。そのため、企業努力を惜しまず管理やメンテナンス、保障などのサービスにも力を入れて企業としての力を向上させているのです。

保証なども業者によって内容が違うので一概にいえませんが、リサイクルトナーは純正品と比較しても「利用する価値のある商品」というイメージをしっかり持ってもらうため、質の高いサービス、スピード、リーズナブルさを売りにしているのです。

リサイクルトナーで環境にもお財布にもやさしく

エコリサイクルトナーとは、使用済みのトナーカートリッジを回収して再生してもらい、純正品のトナーと同様に使うシステムです。以前から勤務先の会社では使用していましたが、今年に入ってから私は個人的にも利用するようになりました。それには大きく分けて二つの理由があります。

まずは、環境的な配慮です。従来のトナーはインクを使い切ってしまうとゴミになってしまいましたが、リサイクルトナーはそうしたゴミの排出を削減してくれます。環境問題が社会的に大きな関心になるにつれ、私個人でも何か出来ることはないか考えたときに出会ったのがこのリサイクルされたトナーなのです。

また、カートリッジを何度も利用できるため、リサイクルトナーは新品のものより低コストに抑えられています。不況が続く現在ですから、それだけでも大きな魅力になっていることは間違いないように思います。このように環境にもお財布にも優しいリサイクルトナーを私は愛用しています。

環境に優しいエコなリサイクルトナー

最近、電気屋さんのパソコン周辺売り場へ行くと、「リサイクルトナー」の文字が大きく掲げられています。リサイクルトナーとはなんでしょうか。これは、プリンターのインク、つまりトナーカートリッジのことです。文字通り、使用済みのトナーを、分解、洗浄、修理、部分交換し、純正品と同量の新しいトナーを充填してリサイクルしています。さらにこのトナー自身も、消耗部分のみを交換すれば良いので、約3-5回はリサイクルできるのです。使用済みのトナーカートリッジは、産業廃棄物の対象であるため処分しにくいものです。

しかし、これをリサイクルすることで無駄をなくし、地球環境保護と資源の有効活用に大きく貢献していると言えっます。非常に環境に良い、エコなトナーカートリッジなのです。エコなのは環境に対してだけではありません。リサイクルトナーは、定価のトナーの約50-90%も安く購入できます。そのため、利用頻度の高い企業ほど、より大きな経費削減効果が期待できます。広い普及に伴い、品質は年々向上し、現在では純正品とほぼ同じあるいはそれ以上の品質を保っています。環境に優しく、品質も良く、さらには経費削減にも繋がるリサイクルトナーが、いま注目されているのです。

どのように作るの?

管理人
Posted in 未分類

リサイクルトナーはどのようにして作られているのか、どういう仕組みになっているのでしょうか。まずはトナーカートリッジの仕組みを理解しておきましょう。カートリッジ内には様々なパーツがあり、この精度がいい方が印刷の品質も高くなります。カートリッジ内のパーツの状態を把握し、メンテナンスなどをしっかり行う事で、トナーの状態、印刷の状態をよくすることもできるのです。

リサイクルトナーを利用する際、多くの業者さんがメンテナンスや故障の対応をしてくれますが、トナーカートリッジ内のパーツの交換などをしつつ、リサイクルしたトナーを使うようにしないと、品質を保てないからです

実際にどのような仕組みでリサイクルトナーが作られていくのかというと、まず、リペアです。1本ずつ丁寧にリサイクルトナーのリペアを行う事で、品質の高いトナーができます。
トナーは通常、固体識別ラベルと呼ばれる管理番号(バーコード処理)で管理されています。回数は、業者によって違いますが、リサイクルサービス回数ラベルという部分に書かれています。一般的に1から5などの数字で書かれています。こうして作られたリサイクルトナーは、お客様の手元に届くまでに、しっかりとテストを繰り返し、利用されているのです。

エコで優しい、嬉しいリサイクルトナー

リサイクルトナーという言葉には、まだ聞き馴染みがない人もいらっしゃるのではないでしょうか?リサイクルトナーとはその名の通り、使用済みのトナーカートリッジを分解、洗浄、修理、部分交換し、純正品と同量の新しいトナーを充填し、再利用可能にしたトナーのことです。印刷等に使うトナーカートリッジは、使用後どうやって処分したらいいか困難です。そのカートリッジを再利用することにより、無駄を無くし、地球環境保護や資源の有効活用となるのです。

また、リサイクルトナーを扱っているところでは、買取金額表を掲載し、使用済みトナーを有償で引き取ってくれるところもあるのです。ぽいぽいと無駄にまだ使える物を捨てると、このままではゴミで埋め尽くされてしまいます。ですから、そういったのも有効活用出来るといえます。リサイクルといった単純そうな物でも、全てのリサイクルが環境に良いという訳ではありませんので正しい見極めが大切なのです。

リサイクルトナーの地球環境における必要性

リサイクルトナーを使用することは、とても大切なことです。それは、私がかつてアルバイトをしていたところでも使用していました。コピー機などのトナーが空になると、業者に電話をかけて引き取って貰い、リサイクルしてもらうのです。私が考えるリサイクルトナーを使うにあたってのメリットは、環境にやさしいことです。環境破壊が騒がれている中、リサイクルの効果は大きいです。燃えるごみではないため、つぶして処理場に廃棄するしかなく、使った全てを捨てていたら、環境は悪くなる一方です。環境に悪いだけでなく、資源がもったいない。資源は、湧き水ではないのだから。

しかし全ての企業や店がリサイクルトナーを使っているわけではないのが現状です。私は、地球環境のために、少しでも尽力することが必要と考えています。トナーをリサイクルすることにおける地球への影響など微々たるものだと思う方もいらっしゃることでしょう。ですが、塵も積もれば山となる、ということわざがあるように、少しの気持ちと配慮が、必要なのではないでしょうか。それが積み重なれば、きっと大きな力になります。これからリサイクルトナーがもっと普及することを願います。

リサイクルトナーはリーズナブル

管理人
Posted in 未分類

コピー機と女性企業でも学校などの公共機関でもプリンターは必須です。仕事でもプライベートでも多くの方が利用されています。
印刷枚数が多くなると必然的にトナーも消費が激しくなるので、トナー費用はばかになりません。純正の新品トナーを購入していると、結構な金額になるのでリサイクルトナーを利用されている企業なども多いのでしょう。

純性新品と比較するとリサイクルトナーは格段に安く、純正品の定価と比較すると1/10という商品もあるのですから、リサイクルトナーを利用する企業や団体などが多いのも理解できます

リサイクルトナーは費用が安いというメリットがありますが、初期不良が2%から3%程度みられるという事も報告されていますし、もしもリサイクルトナーを利用していて、そのトナーが原因ではなくても、プリンターが故障した場合、メーカーとしては純正品を利用していなかった場合、保証対象にできませんという事もあるので、純正品しか利用しないという企業がある事も確かです

もちろん、リサイクルトナーの業者も、手厚い保証を行っていて、純正品よりも質の高い保証を行っているという業者もあります。たとえば製品保証を無期限とし、プリンター本体に故障があった場合には1年、また返金保証についてはすべてのリサイクルトナーに標準とするなど、保証内容を濃くすることでデメリットを補っているため、リサイクルトナー業者を利用する方が安心して利用できるという方もいます。

リサイクルトナーはその名の通り、トナーをリサイクル品として提供するものですが、そもそも、どのような仕組みでできているのでしょうか。
当サイトは圧倒的に安いリサイクルトナーの仕組みについて説明します。当サイトが皆様の情報サイトとなれば幸いです。

リサイクルトナーのメリットは価格が安いこと

情報社会になりました。そのため、情報を産み、提供をすることで商品となります。情報を産むためにも形にしていかなければなりません。パソコンで作った文章を、プリントアウトすることで、情報に変えていくことが出来るのです。しかし、情報を作る時には誤字や脱字に気を付けていかなければなりません。

パソコン上では気付かいないこともプリントアウトすることで、違いが見えてきます。そのため、一度完成をしたら、プリントアウトをするという流れを行います。そのようにしていくと、繰り返して印刷をしていくことになります。コストは当然かかってきます。1度、2度で終わればいいですが、レイアウトや文章を編集していくと、複数回繰り返すことになります。そのためにもリサイクルトナーを使うことを考えることです。リサイクルトナーのメリットは価格が安いことです。コストを下げて印刷をしていくためにも商品を選んでいく必要が出てくるのです。比べて購入していくことです

リサイクルトナーで経費節減と効率アップ

会社を経営されている方、あるいは自営業の方、そうでなくともご家庭でOA機器をお持ちの方、消耗品費や事務用品費って結構バカにできませんよね。中でもコピー機やレーザープリンタのトナー、純正品は結構いいお値段しますし足りなくなる都度買っていてはその出費の負担感たるや相当大きなものです。それがゆえにモチベーション落ちていては仕事の効率にも少なからず影響してくるでしょう。そこでみなさんの強い味方となるのがリサイクルトナー。使い終わったカートリッジのにトナーを詰め替えて再度使えるようにしたものです。

当然ながら新たなカートリッジを用意しなくて済む分だけ廉価です。中古品は不安?純正品に越したことはない?そりゃそうでしょう。しかし、トナーカートリッジって一回使っただけでダメになる程度の耐久性しかないのでしょうか?結構しっかりした構造してますよね。そんなヤワなものではないでしょう。そもそも、使い捨てていてはカートリッジが勿体ない。限りある資源のムダです。リサイクルトナーでエコロジーとエコノミー、両方のエコに貢献しませんか?その貢献している思いが仕事の効率アップにつながれば更によい循環となることでしょう。