大手メーカーのリサイクル

大手メーカーのトナーカートリッジリサイクルシステムも注目されています。
各メーカーは、ゴミをださない、少なくするという事を企業として責任をもって考えていますが、プリンターに関わるメーカーも、リサイクルシステムを導入し、使用済みトナーカートリッジをリサイクルするという取り組みを行っています。

リサイクルトナーの業者さんのように、純正品ではないトナーを制作するという事はありませんが、使用済みトナーカートリッジをそのまま廃棄することなく、再使用するという方法でエコに貢献しています。

まず使用済みのトナーカートリッジを粉砕機に投入し細かく粉砕、材料を分別し、鉄、アルミ、またリサイクルできる他用途の材料として利用する分に分別します。分別したものの中から、ポリエチレンなどリサイクルできる材料を取出し、ペレットなどを作り、最終的にトナーカートリッジとして再使用します。

これまで行われてきた品質レベルの低い、「ほかの用途に再利用する」という事ではなく、いずれ廃棄処分するという前提ではなく、出来る限り品質が高くエコ的なリサイクルができるようにと、品質の高いリサイクルに乗り出しているのです。

リサイクルトナーの業者と同様、エコという事を主軸に、利用出来るものは捨てずに利用するという考え方を大手メーカーも持っているのです。

リーズナブルに提供できる仕組み

リサイクルトナーはリーズナブルに利用できるというメリットがあります。
しかしなぜこんなにもリーズナブルに利用できるのか、業者によっても違いがありますが、一般的に直営工場を持っていて、工場産直でリサイクルトナーを作成、お客様のところに届けているのです。こうしたリサイクルトナーの業者の中には、最短納期工場入荷後1日、という速さです。

工場産直で流通コストなどを極力削減しているので、リサイクルトナーは純正品よりもずっと安く利用できるようになっています。
質の悪いものを安く売っていると考えている人がいますが、そうではなく、質の高い商品を出来る限り制作コスト、人件費、流通コストを削減する事で安く提供できるように努力しているのです。

品質が悪くなれば、リサイクルトナーの業界も競争が激しいので、別業者に顧客をとられてしまいます。そのため、企業努力を惜しまず管理やメンテナンス、保障などのサービスにも力を入れて企業としての力を向上させているのです。

保証なども業者によって内容が違うので一概にいえませんが、リサイクルトナーは純正品と比較しても「利用する価値のある商品」というイメージをしっかり持ってもらうため、質の高いサービス、スピード、リーズナブルさを売りにしているのです。

どのように作るの?

リサイクルトナーはどのようにして作られているのか、どういう仕組みになっているのでしょうか。
まずはトナーカートリッジの仕組みを理解しておきましょう。カートリッジ内には様々なパーツがあり、この精度がいい方が印刷の品質も高くなります。
カートリッジ内のパーツの状態を把握し、メンテナンスなどをしっかり行う事で、トナーの状態、印刷の状態をよくすることもできるのです。

リサイクルトナーを利用する際、多くの業者さんがメンテナンスや故障の対応をしてくれますが、トナーカートリッジ内のパーツの交換などをしつつ、リサイクルしたトナーを使うようにしないと、品質を保てないからです。

実際にどのような仕組みでリサイクルトナーが作られていくのかというと、まず、リペアです。1本ずつ丁寧にリサイクルトナーのリペアを行う事で、品質の高いトナーができます。
トナーは通常、固体識別ラベルと呼ばれる管理番号(バーコード処理)で管理されています。回数は、業者によって違いますが、リサイクルサービス回数ラベルという部分に書かれています。一般的に1から5などの数字で書かれています。

こうして作られたリサイクルトナーは、お客様の手元に届くまでに、しっかりとテストを繰り返し、利用されているのです。

リサイクルトナーはリーズナブル

企業でも学校などの公共機関でもプリンターは必須です。仕事でもプライベートでも多くの方が利用されています。
印刷枚数が多くなると必然的にトナーも消費が激しくなるので、トナー費用はばかになりません。純正の新品トナーを購入していると、結構な金額になるのでリサイクルトナーを利用されている企業なども多いのでしょう。

純性新品と比較するとリサイクルトナーは格段に安く、純正品の定価と比較すると1/10という商品もあるのですから、リサイクルトナーを利用する企業や団体などが多いのも理解できます。

リサイクルトナーは費用が安いというメリットがありますが、初期不良が2%から3%程度みられるという事も報告されていますし、もしもリサイクルトナーを利用していて、そのトナーが原因ではなくても、プリンターが故障した場合、メーカーとしては純正品を利用していなかった場合、保証対象にできませんという事もあるので、純正品しか利用しないという企業がある事も確かです。

もちろん、リサイクルトナーの業者も、手厚い保証を行っていて、純正品よりも質の高い保証を行っているという業者もあります。
たとえば製品保証を無期限とし、プリンター本体に故障があった場合には1年、また返金保証についてはすべてのリサイクルトナーに標準とするなど、保証内容を濃くすることでデメリットを補っているため、リサイクルトナー業者を利用する方が安心して利用できるという方もいます。

リサイクルトナーはその名の通り、トナーをリサイクル品として提供するものですが、そもそも、どのような仕組みでできているのでしょうか。
当サイトは圧倒的に安いリサイクルトナーの仕組みについて説明します。当サイトが皆様の情報サイトとなれば幸いです。